家族のくらしを見つめた家

家族が集まる「ふれ愛キッチン」

家族が集まる「ふれ愛キッチン」

誰でも、いつでも、苦手でも、楽しく家事ができるしくみづくりで、快適なくらしを応援します

キッチンをミセス専用の家事空間から、家族が集まる楽しい空間へ。開放的なアイランド型キッチンとダイニングを一体化して、団らんの中心にしました。料理をしたり、後片付けをしたり。毎日のキッチンワークも、家族と一緒ならもっと楽しくなります。

誰にでも使いやすい「家事楽収納」

使う物をひとまとめにしておいたり、使う場所の近くに収納したり、機能的な収納が、家事をラクにするポイントです。家族みんなが使いやすいと、片付けや掃除の習慣も自然に身に付きます。

ストック収納
ストック収納
食品や生活用品などのストック品は、1カ所にまとめて集中収納。指定席を作っておくことで、何がどれだけあるかがひと目でわかり、買い過ぎの無駄もなくなります。
インフォメーションコーナー
インフォメーションコーナー
なくしがちな書類や子どもの学用品、パソコンなど、文房具や勉強道具をひとまとめに。家族の情報を共有することで、誰にでもわかりやすく管理できます。
ファミリー収納
ファミリー収納
リビングに置きっぱなしのランドセルや読みかけの本、毎日着る室内着などは、家族それぞれの指定席を設けて一時置き。すっきりと片付いた団らん空間をキープできます。

先読み設計

先読み設計

家族のストーリーがここから始まり、
続いていきます。

家族のライフステージの変化に対応し、今建てる家で、これから先もずっと快適にくらせるように。エルソラーナでは、将来を見越した「先読み設計」という発想で、空間の使い方を限定しないフレキシブルな住まいをカタチにしました。住まい全体を家族空間として捉え、1階は多彩な「たまり場」のあるオープンな空間に。家族の拠り所となり、心のきずなを深めます。 2階は子どもの成長に合わせた、しなやかな居場所づくりのできる設計に。たくましく生きていくための「テリトリー形成力」を育みます。 新しい発想の自由な家づくりの提案です。

子どもの成長に合わせた、しなやかな居場所づくり

親子で使う寝室から子ども室へ、ホールは趣味空間から夫婦の寝室へ。機能を限定しないシンプルでのびやかなプランだから、その時々の家族のライフステージに合った住みこなしが楽しめます。
可動間仕切収納を使って、子ども室をほどよく仕切ったり、2室に分けたり。 間仕切壁をプラスして夫婦の寝室を作ったり、大掛かりなリフォームを伴うことなく、空間を手軽に可変させることができます。

子どもが小さいうちは寝室は親子一緒に。2階ホールはホームライブラリーやギャラリーとして。
2階ホールは仕切って夫婦の寝室に。兄弟で使う子ども室は可動間仕切り収納でレイアウト。
可動間仕切収納で子ども室を2室の個室に。ドアを2ヵ所に設けているので展開も容易です。